Free Shipping Over $300

Mini Cart

金沢箔

伝統工芸

Traditional crafts

金沢箔

石川県

  • 1593年
  • 安土桃山時代

歴史

History

金沢における箔打ちは、加賀藩祖・前田利家が1593年に豊臣秀吉の朝鮮出兵に従って滞在していた肥前名護屋(現在の佐賀県)の陣中から、七尾で金箔を、金沢で銀箔を打つように命じたことから、1590年頃には行われていたことが明らかになっています。 以来、加賀藩の産業振興策としての美術工芸推励策に培われ、また、蓮如上人による浄土真宗の信仰の興隆による寺院の建立や、仏壇、仏具の必需性に育まれたことや、金沢が箔の製造に適した気候、気温であり、良い水質に恵まれているという風土的要因が、金沢箔産地を形成していきました。

特徴

Characteristic

金閣寺、日光東照宮をはじめ、漆工芸、仏壇仏具や織物など、さまざまな分野で美しい輝きを創造する金沢箔。金箔は全国生産の約98%以上、金沢箔が占めています。 透かすと向こう側が見えるほど、一万分の1ミリの薄さになっても、金の輝きを失うことなく、均一の薄さで製箔は金をただ叩いて延ばす単純な作業ではなく、それぞれの工程で熟練した高度な技を必要とされます。

Grid List

Items 1-12 of 59

Set Descending Direction
Grid List

Items 1-12 of 59

Set Descending Direction